走行距離に関係なくATFの交換が可能!!

 

エンジンオイルと同様、オートマオイルひとつで走りが変わる!!アイキャッチ画像を設定

普段は気にもかけないATFですがとっても重要なアイテム!

■■■ こんなことで困っていませんか? ■■■

  • 加速、減速時にガクンと変な衝撃がする。
  • アクセルを踏んでも思ったより前に進まない。
  • 変速のタイミングがおかしい。
  • 変速時のショックが大きい。
  • 新車の頃と比べて燃費が落ちてきた。
     
    これらの症状はATF(CVTF)の劣化が原因の可能性があります。

体感できる違いを感じてください!!

ディーラーや近所の車屋にATF交換を依頼した際、

「過走行車のオートマオイル交換は出来ません。」「交換したら壊れるかもしれませんよ。」

と断られ、仕方なくそのまま乗り続けている。というオーナーも多いと思います。

劣化してしまったオートマチックオイルは、変速時不快なショックが出始めます。

通常20000kmでのオイル交換が必要です。

皆さんは交換してましたか??

変速ショックを無くし、快適なドライブを!

パワーアップと燃費アップの両方を実現!

  1. 走行がスムーズになる!
  2. 燃費がよくなる!
  3. トルク伝達がスムーズになりパワーが出る!
  4. ミッションの寿命が伸びる、トラブルが少なくなる

 

トルコン太郎導入!!

圧送式ATF(オートマオイル)を交換して、クリーニングまでできる機械

今までの循環方式ではATFを交換しても汚れを取りきることは難しい作業でした。
しかし圧送式を採用することで、ATFを新油に近い状態にすることができるようになりました。
更に圧送式で交換することで、今までよりスピーディなATF交換が可能になりました。
オイルフィルターが見やすい箇所についており、汚れが一目でわかります。

廃油モニターを見ると、徐々にきれいになっているのがわかるため、「きれいになったかどうかの不安」ということはありません。
AT内部のスラッジなどのクリーニングもでき、過走行車のATFの交換もできます。

BMWをはじめとし、圧送交換用アタッチメントを各種ご用意しております!

BMW・レクサス・クラウン・マジェスタ・マークX・ヴィッツ等のトヨタ系の車両は

今まで、トルコン太郎に接続できなかったため、圧送交換が出来ませんでしたが、当社にてアタッチメントを製作いたしました!!

出来ない車両もございますが、可能な車種であれば、ご希望により製作していきたいと考えてます。

他店で圧送交換、トルコン太郎を断られた方でも、AVARTHでは可能にいたします!

まずはお気軽にお問合せ下さいませ。

 

 

・圧送交換方式

ATオイルクーラーラインから交換する方法
圧力をかけてトルコン内部のATFを強制排出して循環
汚れたATフルードが廃油タンクに溜りつつ、新品フルードが自動的に充填されていく。
つまり、オイルラインに流れてくる汚れたATフルードを抜きながら、
同量の新品フルードを送り出す仕組み。
人工透析と似た感じ

スラッジを巻き上げますので、走行距離が経過してからですと
油圧系に巻き込む恐れがあるため、この方法が取れない場合もあります。

交換効率は
「循環吸引方式」の30~50%に対し、
「圧送交換方式」は95%に達する模様です。